RAMEN NAGI

BLOG

2005/10/23 あら輝 カテゴリー:

味しい寿司は食べたことはあっても、昨日のような感動する寿司屋には行った事がありませんでした。

ことは、2ヶ月ほど前に、あるラーメン店主から、食時に誘われました。
彼の「心の寿司屋」だそうで、大変美味しいと。
話を聞いているうちに本当に来たくなり、連れて行ってとお願いをしました。
店主は快く、予約を入れて昨日いってきました。(なんと店主の誕生日の翌日。夫婦水入らずに完全に水をさしてしまってごめんなさい)

場所は世田谷の上野毛駅から徒歩15分。こんなところにあるのかい?
って所にその店はたたずんでいました。
18時予約です。あ、申し遅れましたが、ここは予約無しでは、食べれません。
きっかり18時にオープンし、暖簾がかけられた時に入店。
カウンター12席の落ち着いたお店。

・・・・カウンター内側にはご主人の「荒木氏」がいらっしゃいました。
坊主頭の貫禄のある主人です。
私の同伴者は・・・女性?っとおもいきや。皆スケジュールが合わず。(って女性の知り合いでこういう場に誘える人はいませんね〜(^^♪ってことで友人を無理やり。それが仕事が遅くなり、少し遅れてくることに。

ではではということで、来るまでの間軽く食べている事に。

最初から美味しかった。

ただ美味しかったといって伝わるものではないのは承知だが、それか言いようがないのです。魚の身が下に乗った時の食感と香りが最高でした。
きりたてのマツタケを顔の前で嗅がせてもらった時は・・・ふぉわー(*^_^*)
それをマグロと一緒に食べた時は、ひょへ〜。。。。
表現不足ですいません。
食べ進む内に、ラーメン店主が騒ぐのもよくわかったと納得。その奥様のはしゃぎようも納得でした。
最後のチョモランマ。
僕のチョモランマです。いったい何を書いているかわからないでしょが、
つまり「最高」だということです。
マグロのササミ?薄ピンク色の身と細い脂が交互になった身を何枚も切り、巻き寿司として、贅沢に巻いて行きます。
どこを食べてもマグロ〜。
これ以上かけません。
また食べたくなるからです。
あ〜「あら輝」最高でした。
あら輝の本があります。ぜひかって体感してみてください。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.