RAMEN NAGI

BLOG

2006/01/02 目標の立て方★ カテゴリー:

ここ数日中長期の目標と、短いスパンでの実践との間を行ったり来たりして思考をもんでいる生田です。

さて、ここ数日怒涛の嵐のように、立てられるいろいろな方の目標を見て思うことがありましたので、ここに記します(^^

まず過去の私の経験からですが、「具体性」のない目標は絶対にかないません。

理由は良くわかりませんが、具体的にする事で、夢が色となり形となり脳に染みていくのでしょう。要は溢れる情報の中で気になるキーワードがやたら目に留まるようなものでしょうか。
目標も具体的にすることで、それに関連する事を自然とキーワードとして反応するようになり、また自ら達成の為に求めるのでしょう。

だから「体重を減らす」ならまだしも、「がんばる」「奇跡を起こす」程度の漠然としたものでは絶対にかなわないと思います。何より目標達成の尺度が不明確であり、
達成したのか、どうかもそのときの気分によって左右されかねません。
そんなものが果たして目標とよべるのでしょうか?

たとえば僕らは昨年このような目標を立てました。

9月にはお客様を200人にする。
具体性があれば、それを実践するために必要な戦略を立てる事ができます。

200人にするためには、4日営業ならば、一日の来客を50人にする。

50人にする為に、現状の来客数の○%アップする必要がある。

達成するためには新規客の○%アップを目標にし、常連客の来店頻度を高める工夫が必要。
工夫することにチャンスがある。チャンスを作る方法として・・・

・毎週違う味にする
・営業時間の変更
・料金設定の変更
・音声ブログなど新規活動を増やす

などなど結果見事に達成しました。
っと偉そうに書いていますが、達成してない目標の方が多いです。
概して具体性がないですけどね・・・・

それと・・ブログ上の抱負や目標をみての、一概にブログ上に書かれた内容をそのままその人の目標ととるのは危険でしょうけどね。書ける内容も限られるでしょうし(^^まー参考になれば★

PS.写真は今日のおみくじ結果です。
見事大吉です。
いや今年はやばいっす★

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.