RAMEN NAGI

BLOG

2006/11/06 さてさて・・・・ カテゴリー:

3242b090.JPG

黒豚って凪まー油を使っています。


マー油って最近では好来やなんつっ亭の看板メニューですよね。


どす黒いラーメン。


黒い食べ物ってかなりインパクトありますよね。


凪まー油もまけじとインパクトあります。すっげー手間かかっいるので、苦さも無く、ふわ〜っといい香り。がっつり食べさせてくれます。打倒!●んつっ亭(^^


今月の目標は品質を上げること。


まだ、ブレのあるスープをどうやって安定させ、且つ美味しく出来るかが目標。


あわせて、各インパクト系豚骨もレベルアップさせます。


最初に力を入れたのが、黒。オープン当初よりかなり美味しくなったと思います。


決定的にまー油の作り方がちがいますから。作るたびにコツが見えてきています。今回も納得の品質。こりゃいい感じ。本当はそれぞれの麺もあわせたいのですが・・・・・・おっと某製麺屋さんが売り込みに来てましたね。


そして、次は、魚豚の改良。ワンタン、香味油これらをどうブラッシュアップしていこうかなと・・・・。


さて、施設出店では毎日勉強になることだらけです。日々新しい発見がある。


今日は営業終了から数値とにらめっこ。どこに勝機があるのか・・・・見えないものを数字に置き換えることで、基準が出来る。その基準より、いろいろと考えるわけです。


なぜ、平日と週末で来客数が違うのか?


ライバル店との差はなにか?


施設だとひとつの基準が見えるからわかりやすい。たとえば、路面店だと売上が低い日があっても相対的にどうかはわかりません。


隣の店に「今日いくらですか?」って聞けるわけないじゃないですか。


しかし、施設だとお互いの売上がわかるので、自店舗のポジションがつかみやすい。


売れる店は売れるし、売れない店は売れない。はっきりと、明確に結果が出ます。だからこそ、お互いに、切磋琢磨しあいます。


結果、施設全体のレベルが上がり、より大きな集客を生むのが理想だと思います。ま、違う部分で切磋琢磨して味がおろそかになっては本末転倒だと十分理解してますよぉ〜


ということで、こんな時間に。


 


最近は時間も作れて来たので、客観的に店舗が見れ始めました。生田節の本領発揮です(^^


スタッフと時間を作って話すことも出来るようになりました。


皆やる気に満ち溢れて、この半年間を全力で走ってくれています。


ありがとう。


僕も、負けないように、お客様が集まるように一生懸命がんばります。


彼らをみてそう思う日々です。


ということで・・・・・


凪スタッフ今日もおつかれ♪


 


 

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.