RAMEN NAGI

BLOG

2006/12/03 12月・・・・ カテゴリー:


気が付きゃ12月ですよ。


早いですよ。


近頃は本店の改装?も頭にいれながら、ちょくちょく渋谷へ行きます。


また、必要は備品などの購入で築地やテンポスへ。


そうそう、ひできたちのブログでも告知がありましたように、大幅なメニューの変更があります。


立川のメニューのいきさつは先日お話したとおりかなりばたばたと決まりました。


あまり深い専門的な考察なしに、とりあえずやるか的なノリが災いしてか、おーぷんから一度もお目見えしていないものもあります。


いい加減これじゃいかんと、まもなく、開店2ヶ月を前に、なりますしね。


ということで、今週からいろいろとテストして行く予定です。


さっそくですが、タレを変更しました。


前回までは「鰹」をどっかーんと味の支えに使っていましたが、今回のタレからは煮干を前面に。


がっちりと豚骨を支えてくれています。


そして肉!肉!なかなか改良がすすみませんでしたが、実験の初段階をクリアー、かなりいいできばえです。


それに合わせて凪香味油にも手が加わります。


おっとここまでくるとちょっと変えすぎじゃない?といわれかねませんね(^^


サイドメニューは「ごはん」を「五十穀米」へ。


古代製法のこのお米を、白米にブレンドして炊き上げます。


質をこだわった結果立川で導入。


はっきりいってラーメン屋のお米ではありません。


ただ、ぼくらが好きなだけですが、、、ま、食べてみてください。硬さは若干硬めです。


このあたりはお客様の声も参考に致します。


まだまだ続く・・・・


内装の変更も渋谷に負けじとスタート。


まずは凪通信の開始。


写真がそれですね。それと、内装のボードを新たに作成中。もちろんこれらすべてスタッフによるものです。


しっかりしたものでしょ?


内装は、凪のよさを訴えるものに。マー油の作り方や、スープ、タレのこだわりなどを絵を交えて表現していく予定です。


 


 

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.