RAMEN NAGI

BLOG

2007/07/09 いつ樹 カテゴリー:

3b006b02.jpg小林さんです


凪@立川で一緒に働き僕らを大変よく助けて頂きました。


そんなお礼もかねて・・・寸胴です☆


大事に使うんだろうけど、よろしくお願いします。


さて、彼らのお店は7月25日ごろオープンです。


楽しみですね〜。


今日は営業+打ち合わせ色々でした。


久しぶりに立川にやってきたけいすけさんとも談笑。


んでももって設備関係の業者さんとも色々と。


HPの件だったり、設備の件だったりと何かと考えることが増えてきました。


でも肝心な店舗の営業にて結果を出さなければ・・・私初の減給処分となってしまいますから・・・・。


減給といえば、凪のメインスタッフも同様な処遇な者若干2名おります。


ズミと田中。


この二人、現場でトップを取ったことありません。


凪に入りたてのころは、それはそれは、若干というか、物足りなさ全開でした。


ズミは、以前僕が働いていた麻布五行からの付き合い。当時は僕とスタッフの乱闘?事件があったりしたのですが、その唯一の目撃者。僕が28歳で格闘家にヘッドロックされた時、彼はチャーシューをカットしていたと思います(笑


話はそれましたが、ズミは技術的な勘は非常によく、一度教えたことはしっかりとやり切れるタイプ。ただし口が悪いので、人を動かすというか一緒にやるには周りがちょいと大変。それが課題でした。しかし、本人もその欠点を理解しつつ、なんとか頑張っております。最近はメキメキと頭角を現しつつある?


そしてそして、田中。彼は風来軒から凪へ。地元が同じということもあり、凪にきてもらいました。彼はのほほーんとやるタイプ。スタッフを教育する力が不足。その他ちょいと抜けることが多いい。そんな彼も最近は元気がいい。よく頑張ってくれていると思う。もちろんまだ課題があるけど、じっくりやってもらいたい。


一つだけ・・・・・本当の意味に確実性を身につける、すれば信頼の置けるスタッフになれると思う。


まーまだ凪には隠れた大砲が潜んでいますが・・・またの機会にしときます。


で、この二人。どうしてこうもやる気に満ち溢れているかというと・・・・


人生の夢と、目標に「腹をくくった」からだと。


この腹をくくる。


僕も最近教わり、なるほどと思う感覚です。


人間本当に腹をくくると強い。


すべてにおいてのベクトルが合ってくる。


だから気迫が違う。それが少しずつ今の凪@立川を強めて、より魅力ある店舗へと進化するのだろうか。


これからが力の見せ所だね。


ふぅ〜ねむいなあ。


あすもがんばろうぜ。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.