RAMEN NAGI

BLOG

2007/08/16 崩壊と再生 カテゴリー:

サイクル。


最近引っかかるキーワードです。


いろいろなことに当てはめられるのだけど、ゼロの状態からスタートして、形になり安定していくころに、一旦ゼロに戻し、そこから再生し、また形を作る。


この繰り返しで、少しづつ人も、店も、そして味もレベルが上がっていくのかな。


え〜っと、はい、最近自分でないほかのものに、仕事を任せています。


そうすることで、自分一人では出せない結果もあれば、自分では出さない結果も突きつけられる今日この頃です。


沢山本は読むけれど、今とても大切にしている本が松下幸之助さんの本。


5年前ぐらいにふらっと買った本ですが、先日ふと目に留まり幾度と無く読み返しております。


その一説にこう書かれていました。


自分は、人から、経営の才があり、人を使うことが上手といわれるが、そんなことはない。ただ一ついうならば、すべての人が自分より優れていると思ていること。時に「きみアカンやないか」とボロクソ叱ることもあるが、それは職責においてやってるだけで、個人的には、尊敬の念をもっています。


確かこんな感じの文章です。


僕もまだまだだけど、人の教育というものは、そういうものだと思う。


立派に仕事をしているからといって、いい教育は出来るとは限らない。それはその人の能力を認め、評価している人からの視点である。だから、そうは思っていない人からすれば、「次元、価値観の違う世界の人」であり、ひかれてしまう。ひいては、教育の土壌である、信頼に結びつかず、よい結果を出すことが出来ないように思う。


ではどうするべきか?


教育とは、ステージを与え、自身をつけさせる事であると、昔教わりました。


一つ付け加えるならば、そのステージは人それぞれであり、そのものに対しての優劣などないということ。


人には、どんな小さなことでも役割があり、決して無駄ではない。


少しぐらい仕事ができるからといって、それは多少の知識や、経験によるもの。


それをふりかざした教育などはもってのほかだし、できるなら、教える側の目線まで、互いに降りるべきではないだろうか。


立川にも、出来ないスタッフがうんといる。能力的にむつかしい人もいる。それを助ける現場だからこそ、そこに「優しさ」が通い、生きたお店になるのではないだろうか。


人を無下に扱う、教育しか出来ないのであれば、それは飲食人として悲しむべきことだと思う。


飲食人とは、究極の所。プラスの空気を作り生きる力を与える人ではないかと思う。


そこに楽しさがあり、美味しさがあり、驚きがあるのだと思う。


頑張りの結果は各人違えども、そのエネルギーが通うところにを大切に今日も、明日も、教育、共育をやってきたい。


今日の格言「言いたいことがいえないこんな世の中じゃぽいずん」

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.