RAMEN NAGI

BLOG

2009/07/03 「店が俺たちを強くした」キャー☆ カテゴリー:

f5f0a6a6.jpg

キャーわーな生田です。


皆様いかがお過ごしでしょうか(^^


最近も元気にやっております。


のっけから「夢が俺たちを強くした」byルーキーズをもろぱくりしまして、「店が俺たちを強くした」という言葉に置き換え感無量な日々を送っております。


先日とあるところで、足をもんでもらう機会があり、体のバランスが崩れているということをいわれました。あ〜完全に昼夜逆転どころの騒ぎではなくなってきているので、〜。「若さ」で乗り切る!って・・・ことでブイブイ行く感じに。


すぺーすシャトルって発射するときのエネルギーはものすごいそうです。あんなに重いものがあがるのですからそりゃパンチがあるでしょうね。でもいったん宇宙に飛び出すと、それまでのエネルギーのほんのちょっとでいいらいしいです。


スペースシャトルと比べるのはどうかと思いますが、人間の人生もにたりよったりでしょうか。


現状を大きく変えるには相当のエネルギーが必要で、様々なことを犠牲にしなくてはなりません。


20代当初の僕も、遊ぶことが大好きで、仕事以外の時間が待ちどうしい日々でした。ほんと無理して時間一杯遊びほけた気がします。しかし、たいがいのことやりつくしてしまうと、つまらなくなってきましてね。これはメリハリのハリがほしいと、仕事と向き合うようになりました。もう10年近くなりますね。そうやってきて。人よりももう一歩、その積み重ねで今日まで。 特にこの5年間は思いっきりバランスを崩しています。もう面白いほど(笑 夢や目標を突き進むために。


今新たな目標といえば、表題の「店が俺たちを強くした」といえる環境を作ること。


変な店を10店舗にすることです。


成長の源泉は「自分」です。


自分を変えよう、変ろう。そんな気持ちが成長を加速します。


お店を通じて、仕事を通じて、成長する環境が一番いいのかな。


おいしいラーメンと、面白い人、楽しと感じる空間、そして満腹満足。これ最高です。


これからもコアなラーメンをコアな場所でがんばって提供していこうかなー(笑


いろいろなお店のブランドってあると思います。


今は出店するにはいい環境がそろっているので、どんどん一等地にブランド店の出店が続くと思います。東京ラーメンストリートや、新宿の小滝橋通りや主要都市での出店は本当に熱い感じです。凪もそんな好立地に・・・・って一瞬でも思ったあ・な・た!それは間違いです。


まだまだ僕らは毎日単純なことさえ完璧にできない集団です。好立地に出店なんかしたらあれですよ。すぐあぐらをかいて向上心なんて見えなくなってしまうかもしれません。だから「変な場所」にこだわります。(笑


そう、わざわざ来ていただける場所に←これはある意味時代と逆行してます。


今の時代は出来だけ好立地に出店が必須です。


だからこそ、変な場所でやってやろうと。


これもある意味凪スタイルなのです。


ひとけの少ないところに風を起こす。


これが凪の存在意義。鉄板なやり方は既存のお店さんたちにまかせましょう。


その代わり、めんどくさくない程度に「心に残る」そんなお店を作ります。


2011年までの10店舗が短中期目標です。(今いるスタッフで面白いことをするに必要な店舗なのです。理由はひみつ〜)


それは今ぼくの周りに集まった仲間達へ恩返しです。うちのスタッフたちは経験も少ないながらにがんばっています。


あまり、このような目標はブログにはいわないのですが、あえていいます。


こんな時代だからこそ、今ある流れとは違う方向を目指していると明確にしておこうと思って。


僕らの本分、存在意義を今一度スタッフに伝えます。


ただ売上、客数をあげるだけでは芸がない。


自分自身がより面白く、楽しく、それを目指していけることが一番いいのです。


そうすれば価値が生まれて、僕らを必要としてくれるお客様が増えてくれます。


すれば、それだけ給料も増えてハッピーとなります。(なるかいな〜笑)


GOnagiGO!


じゃまたねー。


あ、近くご報告があります(笑


いいか若者よ!バランスなんてぶっ壊してなんぼじゃ。なんやかんやいうやつは所詮その範囲のことしかできんばい。


 


 

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.