RAMEN NAGI

BLOG

2010/10/20  うぉぉおー カテゴリー:

日本ではテレビやラーメン産業展やらと現場ががんがんやってくれています。ありがとう!!
生田=凪から自分たちの凪へ一歩!

香港製麺日記!極秘工場にて製麺をやってきました!!
こっそり温めて温めてー。
凪のレシピと香港バージョンを考えつつですが。
技術的なことになるのですが、どう彼らにヒアリングしても「かんすい」を嫌う傾向にあります。これはあるいみ香港独特のこだわり?になるのかな。

でも不思議なのは彼らは日本のらーめんには「かんすい」がないというのです。
これは驚いた。

でいろいろ調べてみると、どうやらスープのphの影響もあるのかと。香港のらーめんはコクが薄く、煮だしが弱いので、スープも弱い。
なので、かんすいをダイレクトに感じているようです。
昔の日本の中華そばみたいな印象でしょうか?
なので、彼ら曰くおいしいらーめんにはかんすいは必要ないと。
あちゃーこの点が今の香港ラーメンの課題かもしれませんねー。
ってすっげーながくなるので今日はこのあたりで!!
あ、西口に食べに来てくれた「たかちゃん」ありがとうございます!
僕も時々たかちゃんのメガネと雰囲気を思い出しております。
今度また西口で〜(来月初旬?)

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.