RAMEN NAGI

BLOG

2010/12/19 「困難は解決策を必ず連れてくる」PART2 カテゴリー:

えっとそんなこんなでー現段階での借入額は非常に小さい状況です。
ただし※2店舗閉鎖と、本部費は固定費なので、これが月間の売上額からすると
高い比率をしめています。僕と西尾が現場に入らない状況をだと月間200万近くなります。
その中にはツイッターや社内メルマガや広報をやっている344の給料や
今は香港でも活躍する園田の分も含みます。

香港はまだ投資と考えて割り切っていますが。
さて、この過剰本部費は、つまり余力があるということと前向きに捉えています。

344なんてツイッターで現在2500近くのフォローをされています。
これはラーメンではかなりトップの方になりますね。
あの神の舌さんを目標に毎日あと何人と計算してました。

今では大崎さんを目標にして頑張っています。ちなみに彼は今年の春に大病を患いました。
そこから復帰はまさに見事です。こんな時代でよかった。凪の前は行政書士として
凪も雇用契約書とかぼったくりで作って自分で紛失するという伝説を届けてくれましたが。。。

人間の可能性は本当に無限大です。やはり人には無限の可能性があるのだと。
リーダーはその片鱗をつぶさに見つけて
適した事業を任せることが一番の仕事だとつくづく思いました。

まーそんなこんなで今の凪は利益率からいくと月間100万円ぐらいしか残りません。
つまり利益率6%!おー少ねー。
ベストな企業のだと20%ー30%。ぼくらの規模だと15%ですね。

全然小さい利益率ですが、金になってないことに投資をしていると捉えています。
利益改善の絵もしっかりと見えているのでまったく怖くないですね。

いや、僕がいくら怖くないっていったって現場のスタッフにそれが届かないと意味がない(笑
まだ現場のスタッフには利益率なんて理解しなくていいのです。
そもそも利益率のために凪をやっているのではない。

おいしいラーメンを如何にして作るか、そして満足していただくか。
利益とかって、後で来ればいいと思ってますから。
だからこうやって香港に来たり、お店のテコ入れをしまくったりしています。
話しをもとにもどしますが、この不景気と言われる時代だからこそ。
人材の面や設備投資を増やして今、準備をしているということが僕は言いたかったのですね。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.