RAMEN NAGI

BLOG

2010/12/30 今年もあと二日? カテゴリー:

いやー気が付けばもうあと二日なんですね。
 
こちら香港は旧正月ですから、全くもって普通な日々です。
 
お陰様で本日も行列が途切れることはなく、100人近く並んで頂いております。ほとんど近隣の方ではなく、どこからか来ているようですね。
 
おそらく一過性であろう今の行列は、体験してみるとモチベーションも刺激してくれますね。これはもっとおいしくなるわけだ。
 
今の僕の状況を見てるからか、日本のラーメン屋さんにもかなり香港資本から声がかかっているようです。
 
で、実際僕が感じたことを伝えますね。
 
これは非常に微妙な問題もあるとおもうのですが、
 
香港には明確な階級差が存在するとおもいます。
 
わかりやすく富裕層と労働階級。
 
この階級差でまったく考え方が違います。
 
もともと金融の街なので富裕層の視点は「マネー」です。
 
マネーは大いに結構なのですが、僕らがもっている技術やブランドを
 消費させ、マネーに変えてしまう悲しい側面も残念ながらありますね。
 
なので香港でブランドを作ることは相当難しいのでしょうね。
 
市場もそもそもそうなのかも。
 
いいものをしっかりと支持する環境が弱いのかもしれません。
 
なんで新しいものへ移る移る。
 
そこへ家主バリ強な契約で、いきなり家賃が2倍とかになると、ちょっと
 これは無理だーってなるんでしょうね。
 
で投資を回収しておしまい!投資側は話題になることでそのクラスのステータスを得て。。。娯楽もすくないし、ちょっと一般の僕らには理解しがたい世界かもしれませんがこれが現実なんですね。
 
今回の僕は運が良かった。以前パートナーとの悶着ぶりをブログに掲載してるから、見てもらえばわかります。
 
そもそも帰るつもりまでいってたんで、あとは好きにさせてもらうって言って、本当に好き勝手にさせてもらった。それがピッタンコにはまっただけで。
 
これは相当な偶然が、偶然を呼んだ現象なんですね。
 
現に、過去に有名な日本のラーメン屋さんは(世界でも通用する)コテンパンになってますからねー。
 
あと今日も何組かのお客様に来店動機を聞いたらそれはツイッターを見たとのことでした。
 
いや、やはり時流というものは存在するものだ。
 
と思っています。
 
日本から来るみなさーん、協力できるとこはご協力しますからー連絡くださーい。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.