RAMEN NAGI

BLOG

2011/07/25 お客様への礼儀 カテゴリー:

どもー、今月は半期に一度の賞与を出させて頂きました。お客様大変ありがとうございました。

写真 (8)
社員の中には「社長ありがとうございました」と、うさんくさくいってくる人もいますが、(それはそれでうれしいのですが)

もっと大切な感謝はそういうものが出せる感謝だと思います。それにはお店にたくさんのお客様が来て下さらないとできません。
 
スタッフが一生懸命でないとあきまへん。社長が遊んでたんではあきまへん。社内にたくさん無駄があったらあきまへん。
研究開発がなかったらできまへん。なのですべてに感謝なので、頂いた社員さんはそこを含めて皆に感謝することを心にとどめてください。

考え方にもよりますが、僕は無料商品はあきまへんとおもいます。
 
無料にしている分どこかにかならず「無理」があるからです。
その辺のみかんをもろうて、それを無料はええですよ。もちろん。
 
でも、僕らが作るものにはそれなりの「投資」が入っている。
食材への投資、人件費への投資、もろもろ備品等への投資。。。
なので天地がひっくりかえっても「無料」ではだせない。
 
営業にはいろいろなテクニックがあるので、見た目上の無料というもの可能です。
でもそれはちょっと違うよなーっというのもありまして。
 
しっかり作ったならしっかりと頂く。それがお客様への礼儀でもあるかと。
一部の声で怪しいことをしているのでは?(笑 といわれますが、すごくシンプルです。
 
当たり前を当たり前にやっていく中で皆が利益を共有し先手先手の行動で結果を出していく。
 
この規模にしては日次決算や5000文字以上の社内メルマガを毎日やっているのですから。
どれだけシビアにみているか理解して頂けると思います。

その中でいろいろきりつめて利益を出してちゃんと還元する。
半期の凪では利益の約3割を社員に還元させて頂きました。
のこりは5周年。。。ってやってるとほとんどなくなちゃったのです。

結果には厳しいので、そういう意味では結果がなかなか出ないと、とりあえずその人が活きる場所を考えて
人事を異動することが多いいのも事実ですね。
 
もう異動は日常茶飯事。これは組織が硬直化しないという意味では非常に有効だとおもいます。
常連様には大変さびしい思いをさせてしまうかもしれませんが、、、、それでもできるだけ都内に出店することで
行きやすいようにさせて頂く所存です。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.