RAMEN NAGI

BLOG

2011/10/27 stay hungry ? カテゴリー:

butao2_taisyoken_P
こんにちわです。
最近食事を少しだけ減らして体調管理とダイエット?に励む毎日な生田です。

ニュースではタイの洪水が大変なことになっていて、世界規模の天災の影響が身近に感じてしまうよういなっているんですね。これも国際化なのかと。

僕の友人もシンガポールとか出店するし、僕自身も香港でやっているので海外リスクって本当に向き合ってないと厳しい感じがします。

ともあれ、もはや国際化の波にのっとり幅広い情報をえるということは避けられないようです。
特に日本人の考え方は現地の人にない感覚なので。こちらから歩み寄る必要がたくさんあるわけですね。

さて、月日がどんどん経ちますが、事務所を西新宿に移転し、製麺もこっちでやり。やっと先日おんぼろターボ車の配送車がきました。これからがんがんおいしい麺を届けていこうかとおもちょりまする。
わんたんや麺の改良を続けているのですが、こうやって自分たちで出来る強みっていいです!

話は変わりますが、最近の傾向では離職率が低いというのはいいこと風潮があります。
確かに大企業などにとってはいいと思います。
しかし!!!一つ異論をいっちゃていいでしょうか?
中小企業は常に変化の中にさらされています。
のんきこをいていたらあっというまに漂流です。
だからそこから抜け出すために、ひたすら教育だのなんだのして、社員の成長を促すわけです。
そして抜け出す底時からを付けてお店も繁盛すればいうことなしです。

凪は離職率高いです。理由はこうなって欲しいとかこうあるといいのに〜みたいなの常に言い続けていきます。
だから人によっては面白くない人もいるのかもしれません。
しかしこれは数年後の社風を作る上でとても大切なことだとおもっています。
ここ2−3年は中間幹部がそだっていませんがそれも少しづつ変化の兆しがみえています。
また店舗数や売上も増えてきたので、待遇の改善もやっと着手できりょうになってきました。
社員給料が最低ラインで32万越えできるようになりましたし、来年1月から厚生年金加入もついにやるようにします。どーせそのうちはいるんだから今の収益モデルの中に組み込んで成長路線をつくらないと結局アウトでしょ。ってことです。あとは勤務時間を削減し成長時間を各自につくってあげられるといいなと。でもこれって勉強する人は伸びるし、そうじゃないとは。。。って結構厳しいんですよぉー。

さーそんなこんなだけどがんがんいくべいくべー。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.