RAMEN NAGI

BLOG

2012/03/24 危機はここから始まる。 カテゴリー:


今日は社内に流してメッセージの一部を。。。

あれだけ「ロスは捨てるなよ」と伝えて、いや訴えていたのですが

まだまだ甘かったー

あきれを通り越してた事件が。。。。。
サラリーマン香港野郎達ですよ。

大変お恥ずかしいのですが、チャーシューの肉カスを
毎日数キロを捨て続けていたようです。(1日80キロ使っています)

年間にすると100万は、いっちゃう金額です。

これ誰も喜ばないじゃん。

あっ業者さんは喜ぶね。いっぱい使ってるわけだし。

でも、お客様には関係ないし、お店はもうからないし。

厳密にいうと。

お客様には迷惑が掛かっています。これはっきりするね。

だって90$近い客単価を頂きながら、仕入れて買った肉だよね。

それ無駄にしてるってことは?

原価という数値でまず症状があらわれて。

利益少なくなるから、イベントやスタッフへも還元できないから、

経営としては原価をさげるか、売値を上げるしかないよね。

で結果お客様はまーったく関係ないのに、被害をこうむる。

こいううのがわからない人が、無料のパソコンとか喜んだりしてるんだよ。

無料ってホントにタダだと思ってんだろうな。

ほーんとばかだよなー

世の中に無料なんてあるわけないだろーに。

ちゃんと俺たちが買うものにしっかりのってんの。

医療保険とか、失業保険、なんとか手当とか、なんとかも当たり前に使ってるけどさー。

支払っている以上に使えば成り立つわけないじゃん。

それもぜんぶコストが、かかってんの。

税金払わなくって、そういうの使えないのよ。

払う以上に使っているのが今の日本じゃん。
それって政府がどうのって言ってるけどさー

その前にてめーはどうなんだよって。

何度もいうけど無料はないからね。

国も店も。

はい、話戻しますけど。

そういうことで無料はないの。

常になにかしらの価値=コストがあることを意識しなさい。

年間100万も捨ててるんだから。

それがまわりまわってどこにくるか?

まったく誰も喜ばないことをわかって欲しい。

だれも喜ばないんだったらしない方がいい。

ちょっと話はとんだけど、国も同じね。

なんとかなるさー的なのならねーから。

はーい!今日は裏豚王です。
そういう意味でも最大限満足してもらえるようにがんばります!!
今日もありがとうございます。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.