RAMEN NAGI

BLOG

2012/08/18 こんな日もあるものだ! カテゴリー:

法被
今日はまた社内報告の中から〜

一歩引き、自分の仕事は何かを考える。

ジャカルタ店、正直現在いろいろなものが遅れています。

お店はガタガタだし、なんだか正月みたいな休みの週になって

こちらクリスマスと正月の間にお店を開けるようなものである。

複数人いると、責任の所在が不明になる。

前の会社で口酸っぱく教わりました。 

一人だとヒーローになる人でも
 

今映画であるアベンジャーズを先日みて思いました。(キャセパシフィックの中で固めの親父の声が竹中直人には驚き)

5〜6人のヒーローが一同にして戦う。

それまで光っていたヒーロー達が。。。

あれ?何となく崩れていく。

なのでこの手の映画では役割を明確にすることがストーリーを作る秘訣だと思う。

また意外性だ。普段のパワー系のスーツを頭脳系のヒーローが着用したら的な

あり得ない組み合わせ。これも楽しい。

映画からは多くを学んだが、これは会社の中のチームでも生きる物だ。

個人店主なら輝くが、チームになると輝きのポイント、大きさがかわってくる。

個人個人の力のかけ方も「コミュニケーション」「場の空気」を読み「時代の先を呼んで」「今のポジションを見る」ことに

多くの力が使われる。

僕は最前線にいて、そういう部分をしっかりみなければと思う。

これは僕の思想だが、会社にある全てがなにかしらの「現場」なのだ。

現場とはリアルなのだ。

そのリアルがあるからヒントがあって価値が生まれるのだ。

そういうところの感覚を常にもってもらいたい。

先ほど香港チームから新しい麺の試食結果が来た

あきらかに主観が既に入った感想が届いた。

これは悲しい。表面しかみれないと思えるからだ。

試食とは単純なテイストとイメージによる変化を前提とした

評価がある。しかしお客様の立場からすれば、変わったんですよ。

と言われない限り、いきなりこれは違う!と断言されることはない。(こちらも意図してそこまでわかりやすい変更は極力避けている)

果たして試食のときも、それを考えただろうか?

事前に何がかわったの?と知らされてやってはないだろうか?

そういう一面的な判断は非常に危険だ。

人物評価においてもそのような感じになりかねない。

あー頭つかったなー

写真はいよいよ見つけた激安はっぴ! 

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.