RAMEN NAGI

BLOG

2013/07/17 これからの凪の叱り方 カテゴリー:

社内に流したメッセージを転載します!
昨日LINEに流した。新人教育 での注意 について今日はひとつ。

『新人さんは失敗するのが仕事です。ベテランはサポートするのが仕事です。そもそも叱るとは事に限ってその場て伝えることです。叱る必要すらありません。事を注意する。聖剣振りかざしミスを責め立てるは論外でいきましょう。  』というメッセージを流しましたが。

しかし、みなさんの現場ではどうですか?教えて出来ない人に、舌打ちしたり、任せて出来なければその場て仕事を取り上げたり、あげく何もするなと叱責するものも…と幾人かの人がやっていることを耳にします。果たして、それで人が育つでしょうか?答えはNOです。何度もいいますが、この指導方法が辞められない人は凪を辞めてください。これは方針です。理由はありません。人それぞれのやり方があってよいのは社会であり、凪ではありません。さて、教育ですが。舌打ちや、仕事を奪われた人はどう思うでしょうか?やる気など出るわけがありません。結果仕事を辞めることに。そしてまた採用です。この馬鹿げた茶番をなんど繰り返すつもりですか?教育とは背中で語るだけではダメです。まずやって見せる。やり方を説明する。教わる人はそれをメモする。そしてやって見る。わからない点を聞きさらにメモをする。そして今度は教わった新しい人が次の人に教えます。それは、仕事ができる人が教えていると人はそだちません。なぜか?教えすぎるからです。人間の吸収力をビールの口に例えると、あの大きさの量しかはいりません。それなのに人は教えるという聖剣を振りかざし、教える 過ぎているのです。あなただって本当は最初から出来たものなどはなかったはず。もしくは出来てたとして、有能だとして、なぜ凪にいるのですか?答えは、有能ではないからです。本当に有能であるならもっと大きな仕事や会社にいることでしょう。僕らはそういう集団なのです。仕事は出来ないのが当たり前。それでいいんです。何もわからない人が教えるから無理なくおしえられるのです。ただし、その時にメモをするのは最初の先輩のメモをコピーしてもらいその上に書きます。するとかならず先輩が作ったものより上のものが出来ます。これを数回繰り返すから手順書が出来上がります。先月の面談で各自の給料を見直していますね。それは期待をこめて、またこれから賞と罰をしっかりしていく為の準備でもあります。その為のルール作りも着手していくので詳しくはそちらを。凪は単なる職人集団てめはありません。職人とワガママを履き違えている方は十分に気をつけて考えを改めてくださいね!

とゆー、まー今のうちらには必要なことなんで。らなんどでもおんなじことを言い続けます。

写真は今回選抜社員とモンゴルツアーの一コマ!

===============================================
?凪スピリッツ 代表取締役 生田智志(いくたさとし)
〒160-0023 (東京本部)
東京都新宿区西新宿8-7-5メゾン桑原1F
TEL&FAX 03-6698-0417 直通:生田携帯 090-6404-6984 
NET FAX:050-3488-0080
mail:burand2002@gmail.com
twitter:@SatoshiIkuta
===============================================


CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.