RAMEN NAGI

BLOG

2007/08/05 さい カテゴリー:

ce972fc4.jpgスタッフのサイ君です。


適当な中国人ですが、でもちょっと違うんです。


なんというか・・・表現し切れないのですが、僕は彼のことを伝説の中国人と呼んでいます。まだ、原石の彼ですが、可能性は無限大です。


さて、話は変わりますが、


とある某掲示板に、ラーメン屋での読書禁止がどうのこうのとあったりました。

 

それ自体に私は参加する積もりもないけれど。

ひとつ思うところもありまして。

おそらくそのお店には、先日あたり私はいっています。

らーめんを食べて、丁寧な思いのある味だと感動しました。

それをみて、自分も再度心の帯を締めなおし頑張ろう。そう思いました。

で、そのお店(と思われる)での出来事なのでしょうが、

某ラーメン掲示版で、盛り上がっています。

店主の読書禁止をお客さんに強制していいのかどうか?

掲示板の内容には賛同もしませんし、擁護もしません。

でも思うんです。

 

「想い」を大事にしようと。

 

店主のエゴとかたづけてしまえばそれまで。

しかし、ものには魂があるわけで、それをいかに注入するかによって、

ラーメンとて生き物にかわると思います。

その道にかけているものの魂がそこにはあるのだと。

 

某掲示版はラーメンに少しでも興味がある人が使ってるものでしょう。

一般の人よりもラーメンがすきなのでしょう。

であれば、そんな想いも汲み取ってあげてもいいのかな。

その優しさに、人が育ち、ゆくゆくはラーメン業界も育つのではと思います。

時に厳しく、時に優しくぐらいのバランスがいいのかもしれませんが・・・・

厳しさの中に「優」を感じたいものです。

 

 

 

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.