RAMEN NAGI

BLOG

2008/01/29 珍しく、深夜の更新! カテゴリー:

こんばんわ( -д-)ノ


よもふけまくりですね〜


眠くなってきました。明日は昼から営業〜ラストです。


優も商品開発に余念がないけれど、オレッちも頭の中でアイデアがうごめきます☆


ただ、豚骨にはとことんこだわって勝負したいので、近くまたスープを変更します。来るべきリニューアルに向けて・・(*´Д`*)しっかりレシピを考えました。


今週はテストでちらほらとチェックして行きます。


さて、さて、先日のニュースで、ありましたね〜マクドナルド裁判。


「店長」は管理職と認定せず!なんて、これは業界に波紋を呼びそうです。


僕らも今後を考えていくと、店長がサラリーマンになってもらうことは、あまりよろしくないわけで、それなりの待遇と、裁量権を持たせる必要がります。


究極は店長=個人店主と同じと考えていきたいですね。でないと、これから時代は絶対に乗り切れない。


このような判決になることは、(まだマック側は控訴を検討中・・らしい)雇用側と労働側の目的や意識、、モチベーションに大きな隔たりが出ていることが原因だと思う。


労働側の求める者の形がわかってきているのかもしれない。


責任は取りたくないけれど、役職はほしいけれども、長時間はちょっとね〜見たいな。 得てして、このタイプに成長は期待できません。かといって役職者でありながら、役職者しかできない仕事を放棄して、ただひたすら現場で「アルバイト」と同レベルの仕事をこなしながら、働いた気になっている者もこれまた成長性は薄い。。。。本当に意味で生産性を生める人材がいま非常に求められています。


整理整頓をすることで、効率が上がった事や、仕組みを導入することで、確実な営業ができるようになった、魅力的なPOPをつくることで、集客効果が上がったなどなど。これはアルバイトには生み出せないものです。また、経験も身に着けることができます。


どんどんクリエイティブのある人材を育ていきたいですね。


それをいうと本店の西尾は必要以上に頑張っています!いや〜さすがっす。


あ、で〜書こうと思ったネタは、欧州の家電大手のフィリップスのデザイン開発部門兼シンクタンクであるフィリップス・デザインが、なんでも、人間の感情を表す刺青を開発したとの報告がありました。え〜っすっげ〜怒ると、額に刻まれた「肉」の文字が浮かび上がったりするらしい。脈拍や、温度に反応するとさ。


え〜いったいどういうことなんですかね〜。


ネットも視覚を研ぎ澄ましていると思いますが、ここまでくるとは・・・・あ〜寝よ寝よ。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.