RAMEN NAGI

BLOG

2010/10/24 きょういく カテゴリー:

さて、香港でも日曜日です。
オープンにむけて着実に準備を勧めているところであります。
しかし、今日はOFFです。

本日は自分の課題の本ー小宮一慶さんの本を片っ端から読んでいます。今日はあと2冊。読み終わったらご褒美を自分にあげようとおもいます。

この手は頭を使いながら読むことも大くなかかな時間をつくらないとまだ読み込めるないのですよねー。

しかし、改めて、自分自身そして、凪には課題がたくさん。

僕を含めてやりたがりが多く、わがままもおおいいんで、いかに方向づけをしないとまとまらないかと笑

結局中途半端なもんでねー。って一番そうなですけどね。
部下も中途半端だとこれはどうしようもないですー笑
中途半端×中途半端は相当中途半端になります。

なんで僕は一点集中でいこうかと。

このあたりの一会社としてちゃんとやっていくっていろいろと本当に難しい。
まーやったことないので当然ですけどね。

旗が右となったらいかにすぐに全員がその方向にむけるか。

それが正しいとか間違いとかは関係ない。
トップを信用できるかどうか、やらねばならない、向かなければならないそれがベンチャーであり弱小企業なのである。

それでもやりたいやつは自分でやって自分で責任とるしね。
出ないと混乱を生じる。責任を誰がしっかりとるかこれも大切。

今までいろんな企業や機会で体験を学びました。しかし、凪でそれを活かし切れていない。それはなぜか、、、、小宮さんの本でいう所の「伝える」力が弱いからだと思う。

想いを伝える力が弱いのです。
だからよりみじかに感じることそれは一緒のかまの飯をどれだけ食べるか。
それでだいぶ解決する。

想いを共有するというのは、自分がこれだけやってるから、お前たちもやるだろ?的な精神論とは無関係。というより押しつけるは太陽と風の話になってしまう。

基本は相手の目線、考えかた。だから教育も共育も千差万別。

あーきょういくかー

ちかごろでもっともお好きな写真です。

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.