RAMEN NAGI

BLOG

2010/12/09 社長失格! カテゴリー:

って本をやっと読み終わりました。
 
若くして人生の頂点と、どん底を味わうスリル感がものすごくリアルに。
 
ベンチャーらーめん屋さんでも必見です。
 
さて、ぼちぼちと創業からの凪を書いていこうとおもっています。
 時々店舗開店の費用とか聞かれるのでちょっと思い出してみました。
 
題して渋谷店開業費
 
・物件取得 200万
・居抜き代 250万(ほどんどゴミです)
・内装費250万
・食材費50万
 
確かこんな感じで開業しましたね。
 
このころはとりあえず良さそうな物件ということで、物件番長の西尾が探してきました。
彼はこのようなまめな仕事がとても得意です。
 
いろいろ経験して店舗づくりも効率的になってきました。
 
たとえば西尾中華そばだと
 
・物件取得 45万ぐらい(たしかですけど。家を借りるかと思いました。)
・内装 180万
・備品50万ぐらいかな。
 
ええ!こんなに安いの?っていわれますけど、凪の出店費用は基本自前なので安く抑えています。
 
開業者にアドバイスするのは資金繰り的にどんな状態であるかで違います。
 
手元資金が弱ければとりあえず、すべて安く。
あるのであればゆとりの部分を何に使うか。
 
基本立地は絶対だと思ってます。っておいらの店はほとんど路地裏だけどね。それでもあるんですよ。
 
んー基準でいけば1坪2万5千〜3万以内ですね。大体これを基準にします。
 
ちょっと前に某ぶたが池袋の物件をもってきましたが、7坪ぐらいで10万円、且つ保証金もなしでした。
 
これはもっての他です。
 
不動産に関しては掘り出し物を探しますが、たいていはいろいろな理由があっての値段です。
 
よっぽどコネクションがないと難しいですね。
 
ちなみに渋谷の店は当時まったく人がいない状況でした。
しかし、近隣の開発を夢見て決めましたね。それが今になって
集客に結び付いています。
 
もっとも困難が予想されたのはゴールデン街。前のバーでは月に100万を売り上げるのがやっとでしたから。
 
500万を超えた時はまさにゴールデン街の神話になりました。今は落ちついてますけど、それでも坪売上でもかなりいいと
思われます。坪70万前後ですかねー。
 
凪は
だいたい5坪〜7坪ぐらいだと恐ろしいほど効率的な物件で開業できるノウハウを蓄積してきました。
 
出店に関しては何を優先するか?がテーマになりますが、
まずは「人」が黙っても来る場所が一番ですね。
 
でこれからの凪のネクストは・・・・・もうちょっと大きな店にしようかと思案中です。
 
お楽しみにぃー

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.