RAMEN NAGI

BLOG

2012/09/07 ほくほく カテゴリー:

やること多くてホクホク。

やはり変化のないところに進歩はない。

改善が「あたりまえ」にないところに成長はない。

組織が硬直化するほど大きな変化を望まない。

最初の土壌が大切。どのような木の育ち方をしたのか。そこを変えてはならない。凪ならばネットを駆使した運営やイベント。

現代の「女性も入りやすく、元気な接客があるお店、ラーメンは臭みもないスッキリ味」これは現代の至極オーソドックススタイル。大和製作所の藤井社長はよくこの事例をだす。
約30年前は汚いラーメン屋しかなく、これが出現したことは「イノベーション」であった。

それが現在はスタンダード。僕らもこれに憧れ進んできた。しかしもうそれを捨てる時にきていると思う。
侍が「刀」を捨てたように。

まさにラスト侍。

僕らのラーメン屋もその変革の渦の中に着実に沈みかけている。

それはまた新しい銀河の始まりでもある。

いまその誕生が目前にきているように思う。

もちろん当社もそれを狙う。いや狙ってきたのだが、どうやら先の呪縛からとかれなかった。しかしそれもやり尽くしたもうやれるまでやった。つまり最終形態へのチェンジは当社も始まっているといっていい。年末開店予定のお店にそれはあてはまる。そしてテストは既存店から順次。お客様の反応テストを実施する。

硬めのための麺なんて小さい変革で満足しないぜ!

CATEGORY

ARCHOVES

SNS

BUSINESS

「我が煮干に一片の悔いなし」煮干ラーメンは私たちのスタートでもあり、果てし無いゴールでもあります。

麺を設計するという発想。ラーメンのみならずパスタ・うどんまで幅広い麺屋さんにお届けしています。

CONTACT

「ラーメン凪」に関するお問合せはこちら

ラーメン凪 お問い合わせ

「製麺」に関するお問合せはこちら

だるま製麺 お問い合わせ

その他のお問合せはこちら

お問い合わせ
RAMEN NAGI

Copyright © Nagi Spirits Company, All Rights Reserved.